コンシューマーブランド業界

 

 

コンシューマーブランド業界の転職動向

少子高齢化、グローバル規模での競争激化、高騰する原材料、情報のデジタル化、販売チャネルの多様化など、市場構造が激変し、各社生き残りを賭けた世界規模での業界再編が著しい消費財業界。

国内の低価格競争や消費増税等の要因で苦戦している食品・飲料メーカーを尻目に、アジア新興国への販路を拡大している化粧品メーカーや育児・ベビー用品メーカー、高機能に加えてデザイン性を重視した商品戦略で新たな市場を創造している外資系家電メーカー、近年の健康志向やアウトドア・ランニングブームを背景に女性やシニア世代を取り込んだマーケティング活動で着実に業績を伸ばしているスポーツ用品メーカーなどの存在が目立っている。

また、消費財メーカー、小売企業ともに試行錯誤の段階ではあるが、顧客起点であらゆるチャネルをシームレスに融合させ、顧客経験価値を高める「オムニチャネル戦略」の実現に向けて、デジタルマーケティングやサプライチェーンマネジメントを含めた改革への投資が続いている。

そして企業の採用もピンポイントではあるが、そういった市場構造の変化に対応・対処できる即戦力の人材ニーズは依然として強い。

1-3
 

世界で最もパワフルなブランド・ランキング
Rank Company Employees Country
1 Walt Disney (ウォルト・ディズニー) 185,000
2 LEGO (レゴ) 14,000
3 L’Oréal (ロレアル) 83,000
4 PwC (プライスウォーターハウスクーパース) 208,000
5 McKinsey & Company (マッキンゼー・アンド・カンパニー) 11,000
6 NIKE (ナイキ) 62,500
7 Johnson & Johnson (ジョンソン・エンド・ジョンソン) 127,000
8 Coca-Cola (コカ・コーラ) 123,000
9 NBC (National Broadcasting Company)
10 Google (グーグル) 72,000

*Brand Finance(Brand valuation and the valuation of Intangible Assets)

1-2

 

コンシューマーブランド業界の注目求人
▸ 外資系日用雑貨品メーカーのリテール・セールスマネージャー <東京勤務>
▸ 外資系日用雑貨品メーカーのブランド&プロダクトマネージャー <東京勤務>
▸ 総合メディアエンターテイメント会社のマーケティングリサーチマネージャー <東京勤務>
▸ 総合メディアエンターテイメント会社のアシスタントリサーチマネージャー <東京勤務>
▸ 総合メディアエンターテイメント会社のコンシューマープロダクツ担当マーケティングマネージャー <東京勤務>
▸ 総合メディアエンターテイメント会社のコンシューマープロダクツ担当アシスタントマネージャー <東京勤務>
▸ グローバル家電メーカーのプロダクトマネージャー <東京勤務>
▸ グローバル家電メーカーの物流担当スペシャリスト <東京勤務>
▸ 外資系ベビー用品メーカーのリテールトレーナー&マーチャンダイザー <東京勤務>
▸ 外資系ベビー用品メーカーのECマーケティング担当スタッフ <東京勤務>
▸ 外資系消費財ブランド会社のセールスマネージャー(コンフィデンシャル)<東京勤務>
▸ 一般向けオンラインサービスのコンンテンツマーケティング <東京勤務>
▸ 一般向けオンラインサービスのデジタルマーケティング <東京勤務>
▸ グローバルイノベーションカンパニーのメディア&コミュニケーション担当シニアマネージャー <東京勤務>
▸ グローバルイノベーションカンパニーのブランド&コミュニケーション担当シニアマネージャー <東京勤務>
▸ グローバルイノベーションカンパニーの動画配信サービス担当デジタルマーケティング <東京勤務>
▸ グローバルイノベーションカンパニーの動画配信サービス担当デジタルマーケティング・マネージャー候補 <東京勤務>