メディアコミュニケーション業界の転職

 
 

マーケティングリサーチ業界の転職動向

米国に次いで2番目の規模を誇る日本の総広告費は2012年以降は緩やかに回復し、近年は6兆円を超えるまでに成長した広告業界。スマートフォン広告や動画広告の普及、ソーシャルメディアを活用した新しい広告手法の開発も進み、初めて1兆円を突破したインターネット広告の市場規模は今後も拡大基調が続いていくと予想。
 

近年のコミュニケーションテクノロジーの進化、消費者ニーズの多様化、グローバル規模での競争激化にともなって起こった業界全体のパラダイムシフト。生活者を取り巻くメディア環境、生活者のメディア接触行動・意識も日々変化を遂げている。新たな価値を創造し、競争優位を確立していくためには、グローバル水準のデータマネジメントやデータドリブンマーケティングを含め、マーケティングの可能性と共に広がるデジタル空間の中で、既存の枠組みを超えた新しいコミュニケーション戦略を創造し、データとテクノロジーの時代に相応しい先進的かつ統合的なソリューションの開発・提供が求められている。そして、業界全体のパラダイムシフトとともに活発化している人材採用においては、特にデジタルマーケティングのプロフェッショナルや英語力を備えたバイリンガルに対する人材ニーズは依然強い。
 

1-3
 

広告コミュニケーション業界の世界売上総利益ランキング
Rank Company Employees Country
1 WPP Group (ダブリューピーピー) 200,000
2 Omnicom Group (オムニコム) 75,000
3 Publicis Groupe (パブリシス) 77,500
4 Interpublic Group (インターパブリック) 49,000
5 Dentsu Inc. (電通) 55,000
6 Accenture Interactive(アクセンチュアインタラクティブ)
7 Havas Group (ハバス) 14,000
8 Alliance Data Systems(アライアンス・データ・システムズ) 16,000
9 IBM Interactive Experience(IBMインタラクティブ・エクスペリエンス) 10,000
10 Hakuhodo DY Holdings (博報堂DY) 14,000

*Advertising Age(Global Advertising Agency & Marketing Industry News)

1-2

 

広告コミュニケーション業界の注目求人
グローバルネットワークエージェンシーのメディアコミュニケーションプランナー <東京勤務>
グローバルネットワークエージェンシーのデジタルコミュニケーションプランナー <東京勤務>
グローバル消費財ブランド担当シニアメディアコミュニケーションプランナー <東京勤務>
グローバル消費財ブランド担当シニアデジタルコミュニケーションプランナー <東京勤務>
グローバルネットワークエージェンシーのデジタルビジネスプランナー <東京勤務>
グローバルネットワークエージェンシーのメディアコミュニケーションプランニング・ディレクター <東京勤務>
グローバルネットワークエージェンシーのデジタルコミュニケーションプランニング・ディレクター <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのメディアプランナー <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのデジタルプランナー <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのシニアメディアプランナー <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのシニアデジタルプランナー <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのメディアプランニング・マネージャー <東京勤務>
▸ グローバルメガエージェンシーのデジタルプランニング・マネージャー<東京勤務>
▸ グローバルネットワークエージェンシーのデジタルメディアコンサルタント <東京勤務>
▸ グローバルネットワークエージェンシーのデジタルメディアプランナー <東京勤務>
▸ グローバルネットワークエージェンシーのデジタルアカウントリード <東京勤務>
▸ 総合メディアエンターテイメント会社のTVチャンネル担当マーケティングリサーチマネージャー <東京勤務>
▸ 日本市場へ新規参入した一般向けオンラインサービス会社のコンンテンツマーケティング <東京勤務>
▸ 日本市場へ新規参入した一般向けオンラインサービス会社のデジタルマーケティング <東京勤務>